experimental-deco: 製作No.CL-001-S/P ピンクのリアルレザーとシルバーチェーンのネックレス 製作No.CL-001-S/P ピンクのリアルレザーとシルバーチェーンのネックレス :experimental-deco ‐コラム&アクセ製作記‐

製作No.CL-001-S/P ピンクのリアルレザーとシルバーチェーンのネックレス


貴和製作所でピンクのレザーコードを発見。
ショッキングピンクと言える程、鮮やかな色目に惹かれ、
以前からレザーコードを効果的に使ったアクセを模索してので
試作がてら購入。


デザインコンセプトは
『素朴感がない』
『少ないパーツで構成して技巧に走らない』
『簡潔だが印象に残る』
上記を念頭において何度も試作を繰り返しました。


このネックレスは
1.レザーコードを片方の首後部から鎖骨辺りまでチェーンの穴に通す
2.そのレザーコードを首前から反対側のチェーンに持って行く
3.そこからまたチェーンの穴に通してゆく
4.ある程度通してまた反対側のチェーンに通す
5.レザーコードの端処理をする
6.留め具を付ける(最初に行う場合もあり)


材料も少なくテクニックも単純
とても製作とは言えず誰も作ろうとは思わないでしょうが
チェーンの長さやレザーコードを通す穴の数
首前のレザーの長さにこそこのネックレスの核があります。


実際にモデルに着けてもらうと、とても好い感じで
モデルも一目で気に入った様子でした。


シンプルな構成で単純な技術でもここまで出来るのだと
自分の目指すデザインの方向付けになりました。
この製作は良い勉強になりました。


少し胸開きのある服に合うようです。
春から夏にかけてはこのネックレスの個性が出やすいと思います。



向かって右側下部、この部分だけ方向に逆らって
レザーコードをチェーン穴の外側に出して
左側下部に持っていっています。
判るか判らないか程度の変化を付けてみました。



レザーコードの端処理は折り曲げて留めず、かしめて切ってしまっています。
折り曲げて留めてみたのですがレザーコードが太い為
膨らみが出てしまうのでこうしました。
他に良い方法があれば今後変更するかも知れません。



使用している平らなシルバーチェーンは面の美しさと
ある程度の穴の大きさあり、とても気に入っていて
暫くはこのチェーンで色々製作したいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿